社会貢献活動

“ 震災の悲しみを強さへ” 変えていく学習機会を届ける


コラボ・スクールは、認定NPOカタリバが運営している東日本大震災で被災した子ども達のための「放課後の学校」です。津波で家が流されて狭い仮設住宅で暮らすなど、落ち着いて学ぶ場所を失った子ども達に、学習指導と心のケアを行っています。

バンクオブアメリカ・メリルリンチは、地震による被害が最も激しかった地域の1つである、岩手県大槌町のコラボ・スクール大槌臨学舎を、2011年12月の設立当時から継続的に支援をしています。

津波で家や塾を流され、 学習環境の悪化した子ども達が、今も被災地には残されています。大槌臨学舎に通う子ども達の3割の生徒が仮設住宅に暮らし続けています。 「震災があったから、夢をあきらめた…」そんな想いを抱かせないために始まった放課後学校コラボ・スクールでは今、子ども達が夢に向かってたくましい歩みを始めています。

社会貢献活動