社会貢献活動

防潮林を育みながら、町の元気を育む


宮城県海辺の町、亘理町では、東日本大震災に伴う津波により、伊達政宗の時代から数百年にわたり生活や農業に大きな役割を果たしてきた「おらほの森(防潮林)」が大きな被害を受けました。

わたりグリーンプロジェクトは、亘理町民が行政や事業者と連携して復興し、次世代へと継承していくことを目指すプロジェクトです。地域の歴史や風土を活かし、地元の木々を母樹とし種から育て、津波に負けない強い森、町民に親しまれ愛される森作りを行っています。

バンクオブアメリカ・メリルリンチの社員ボランティアは、2015年から継続して森作りに参加、1500本以上の木を植えています。

(ビデオ)町民に親しまれ愛される森作りを


社会貢献活動