社会貢献活動

女性も子どもも、誰もが互いに尊重される暴力のない社会を目指して


暴力・差別のない社会は、「女性が安心して暮らせる、子どもにも男性にも生きやすい社会」。女性ネットSaya-Sayaは、暴力被害女性たちと子どもへの支援をすることが、「女性と男性・人と自然」が共生する社会につながると考え、支援のネットワークを広げていくことを目指しています。

2013年、DV被害者女性の自立を包括的に支援する「DV被害者女性自立支援プロジェクト燦(SUN)」を立ち上げました。身体の安全確保から、心と身体の回復、就労支援、そして就労後も自立できるまでバックアップするというプログラムを、被害者女性の個人個人の状況に合わせてカスタマイズして提供しています。

2015年には、DV被害者女性の子ども達の二次被害に着目しました。子ども達が早い段階で生きる力を取り戻すことが必要との考えから、こうした女性たちと子ども達の「心理教育」や、「居場所・学習支援、バランスの取れた手作りの食事提供」などを通して、「生きていくための力を育み」自尊心を回復するさまざまなプログラムを提供する「凛(Ring) - 生きていくための力を育む」 を立ち上げました。

バンクオブアメリカ・メリルリンチはこれらの取り組みを支援しています。

社会貢献活動