メリルリンチ日本証券

メリルリンチ日本証券 沿革

昭和39年 8月 メリルリンチ・ピアース・フェナー・アンド・スミス・エス・エイ(スイス法人)、東京駐在員事務所設置。
昭和47年 6月 メリルリンチ証券会社東京支店、外国証券会社として第1号となる証券業の免許を取得。
昭和60年 1月 メリルリンチ投資顧問株式会社設立。平成9年12月にはメリルリンチ投信投資顧問株式会社へ商号変更。
昭和61年 2月 メリルリンチ証券会社、東京証券取引所の正会員権を取得。
昭和61年 11月 メリルリンチ・アンド・カンパニー・インク(平成20年12月まで最終持株会社)、東京証券取引所外国部上場。
平成7年 11月 メリルリンチ証券会社、スミス・ニューコート証券会社を吸収し、大阪証券取引所の正会員権を取得。
平成10年 2月 メリルリンチ・アンド・カンパニー・インク、日本における個人顧客事業参入を発表。
メリルリンチ日本証券株式会社を設立。
平成10年 5月 メリルリンチ日本証券、証券業免許取得。
平成10年 6月 メリルリンチ日本証券、東京証券取引所および大阪証券取引所の正会員権を取得。日本証券業協会に加入。
平成10年 7月 メリルリンチ投信投資顧問、マーキュリー投資顧問およびマーキュリー投信の2社を合併して、
メリルリンチ・マーキュリー投信投資顧問株式会社になる。
平成10年 7月 メリルリンチ日本証券、営業開始。
平成10年 12月 メリルリンチ証券会社、メリルリンチ日本証券、証券取引法改正により証券業登録。証券投資者保護基金加入。
平成12年 12月 メリルリンチ・マーキュリー投信投資顧問、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社に社名変更。
平成13年 3月 メリルリンチ日本証券、メリルリンチ証券会社より営業の全部を譲り受け、法人顧客事業と個人顧客事業を
統合。
平成14年 1月 メリルリンチ日本証券、個人顧客事業の焦点を個人富裕層および中小法人に絞る。
平成14年 7月 メリルリンチ日本証券、日本投資者保護基金加入。
平成18年 5月 三菱UFJフィナンシャル・グループとの日本におけるウェルス・マネジメント合弁会社である
三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社、 営業開始。
平成18年 10月 メリルリンチ、資産運用グループをブラックロックと統合して新会社の5割弱を所有。
メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社はブラックロック・ジャパン株式会社に社名変更。
平成21年 1月 メリルリンチ・アンド・カンパニー・インク 、バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションの直接完全子会社となる。
平成21年 4月 メリルリンチ日本証券、バンクオブアメリカ証券会社東京支店より事業の全部を譲り受ける。
平成24年 12月 メリルリンチ日本証券、メリルリンチ日本ファイナンス株式会社及び三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社のそれぞれの持ち分をすべて売却。

日本における概要