お客様本位の業務運営に関する方針

お客様本位の業務運営に関する方針

 
お客様本位の業務運営に関する方針
バンク・オブ・アメリカ・グループは、日本においては、メリルリンチ日本証券株式会社とバンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店を通じて、法人と機関投資家のお客様にサービスを提供しています。各事業分野いずれにおいても業界をリードする力を有しており、責任ある成長(Responsible Growth)戦略のもと、日本におけるグローバルな金融機関としての責務を果たしていくことを目指しています。
責任ある成長(Responsible Growth)
当社は、責任ある成長を遂げるために、全社員に対して、お客様本位の業務運営を行うことを求めています。また、全社員がリスク管理を徹底することも、責任ある成長戦略の重要な要素です。金融機関として最善のリスク管理に努めることが、お客様にとっても有益であり、経済発展に貢献することに通じると考えているからです。また、将来にわたり社会にとって有益な持続可能性の高い存在となることも重要です。そのためには、社員一人ひとりが当社の価値観と行動指針に則った正しい行動をとることが大切だと考えています。グローバルな金融機関としてのオペレーショナル・エクセレンスを高めることに注力しつつ、最新のベスト・プラクティスの共有、周知徹底と強力なガバナンス体制の構築に努めています。また、お客様や社会の多様性に対応し、職場環境におけるダイバーシティを尊重しています。
利益相反の適切な管理
当社においては、お客様の利益が不当に害されることのないよう、利益相反のおそれのある取引の管理に努めています。当社では、当社に適用される法令、及び当社グループの行動指針に基づき、利益相反管理方針(以下、「本方針」といいます。)を策定しています。本方針において、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引を特定・類型化し、管理の対象となるグループ会社を明確化したうえで、利益相反のおそれのある取引が特定された場合には、お客様の利益を適正に保護するために、本方針に例示されているよう、必要な措置を講ずることとしています。本方針の概要につきましては、当社のホームページでご確認いただくことができます。  (メリルリンチ日本証券株式会社  バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ東京支店
手数料等の明確化
当社では、その取引内容により、取引対価とは別に、お客様から手数料をいただく場合があります。手数料をいただく場合は、その取引に関する書面等で手数料を表示しています。手数料は一律の算式により定めるのではなく、取引内容・状況等を総合的に勘案した上で算定しています。
重要な情報の分かりやすい提供とお客様にふさわしい商品の提供
当社は、お客様が投資や金融取引に際し経済合理的な判断をされるに十分かつ公正な情報を提供することが重要であると考えています。勧誘に際しては、関連法令・諸規則に従うとともに、商品内容及びそれに伴うリスクについて十分かつ分かりやすい説明を行い、お客様のご理解を得た上で、その時々のお客様のニーズに最適と考えられる商品やサービスの提供に努めます。 お客様からのお問い合せにつきましては、迅速かつ適切な対応に努めます。
社員に対する適切な動機付けの枠組み
社員は、バンク・オブ・アメリカ・グループの行動指針に基づき、自らの行動に責任をもつことが求められています。行動指針の研修は義務化されており、その遵守状況は、実績評価や報酬、昇進を決定するにあたっての重要な判断要素となっています。
 
尚、当方針については、より良い業務運営を実現する観点から、取組み状況や成果を踏まえ、必要に応じて見直しを行います。
 
以 上